FXとは何か?

最近「FX」という言葉を広告などで目や耳にするようになって、気になっている方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、「FXとは何か」について解説します。

FXとは英語の「Foreign Exchange」の略で、日本語では「外国為替証拠金取引」が正式名称です。FXは1998年の法改正より日本に新たに登場した金融商品です。円や外貨のうちから2つの通貨を選び、それを売買することにより利益を得るというのが、FXで資産を増やす主な方法となります。例えば、1米ドル=100円のときに円を売って米ドルを買って、1米ドル=90円の時にそれを決済すれば、その10円の差の分が利益となるわけです。

外貨を取引するということでは、かねてから一般的であった外貨預金があります。FXの仕組みは外貨預金に非常に似ています。しかし、FXは外貨預金に比べて資産を増やしやすい理由があります。

それは、売買の際の取引手数料が少ないことや、レバレッジというシステムを利用することで、少ない資金で大きな額の取引ができることなどがあります。また、金融商品として人気のある株取引と比べても、取引可能時間が長いなどのメリットがあり、FXは、資産運用法としていま注目を集めているのです。

タイのマンション

今、タイの不動産に目を向けている方が結構いるようです。投資用、居住用など色々な目的があるとは思いますが、外国人は土地付きの不動産を購入することはできません。唯一購入できるのがコンドミニアムなのです。

<北九州の不動産売買・仲介情報>
北九州 新築・中古住宅情報なら八幡西区 若松区 中間市の情報満載のエステートプランにおまかせ下さい。

1戸建て、タウンハウスと呼ばれる集合住宅もありますが、治安上の理由から日本人はあまり住まないようです。タイでは外国人向けの高級マンションがいくつもあるようです。
ほとんどのマンションは街の中心部に建っているだけあって、賃貸料はタイの物価で考えると20万とか30万とかかなり高いのです。もちろん単に高いだけという訳ではなく、ちょっとした品物を手に入れるのにバスやバイクを使わなくても良いということや、日本語の通じる病院や日本の料理屋、本屋など日本人の生活範囲は真ん中に集中しているのです。

また一番気になる安全性が確保されているのです。安全性とは単に泥棒や傷害などの犯罪ばかりではありません。隣人が騒いだりする騒音、水漏れや悪臭などの問題もあります。
地元の人も住むような一般のアパートではこのようなことは日常茶飯事ですが、管理のしっかりしているマンションではほとんどないか、あってもすぐに解決されます。建物が新しい古いに関わらず、人気があるマンションは空き室待ちのものがたくさんるようです。

株価とアイドル効果とFX

たくさんのアーティストを抱えるエイベックス・グループ・ホールディングスの株価が大きく揺れました。

この会社の株は若者も多く所有しているようです。

なんといっても人気のアーティストが所属しているのでコンサートのチケットを購入する感覚で株を買っているのかも。

株主優待もエイベックス所属のアーティストの面々が揃うコンサートへご招待ということから若者に人気の理由が解る様な気がします。

この様な人気商売というのはちょっとしたことでも世間に影響を与えて株価にも影響がでるようです。

先日、歌手の浜崎あゆみの左耳の突発性内耳障害の報道を受けて株が活発に取引されたのです。売買の活発度を見る出来高が、昨年12月11日以来の高数値を記録した様です。

やはり大物歌手の衝撃告白が、株式市場にも少なからず影響を与えた可能性もありそう。
株価の動きはもちろん政治経済などの影響で敏感に反応するけれど、有名アーティストの行動や発言もなかなかの影響を与えるようです。

少額資金で大きなリターンといえば、FX(外国為替証拠金取引)。リスク管理さえ身につけば、通常の外貨預金より安全で利益が大きい。

通貨ペアも多く、低金利時代の日本では、金利の高い外貨を買って利息(スワップポイント)をもらえるFX(外為取引)が人気。

株や外貨投資のビギナー、FX初心者でも安心だから、主婦や若年層にも人気があり、しかも大きく利益を得られている方も多いのです。FXは、ここ数年で口座数を急激に伸ばしてきましたが、初心者が多く参加する背景には、スワップ金利、レバレッジといった、FX独自のルールがあるからです。

外為取引というと、なんだか危険なイメージを持つ投資家も多かったのですが、最近はシステムツールの操作性や分かりやすさといった、FX初心者向けの設計が基本線のツールが多いように思います。

FX(外国為替証拠金取引)は、アイドル株のような一過性の投資商品ではなく、為替の学習をすれば、主婦でもサラリーマンでも利益をあげられ、継続的な投資により安定したリターンが期待できるのも参入のキッカケとなっているのでしょう。

中国株

北京オリンピックを控えて、益々経済効果が期待されている中国。

新たに中国株に挑戦したいと思っている人が増えてきているようです。しかし、実際に投資するとなればまだまだ中国には不安材料があるようです。

中国の人口は13億、面積は日本の26倍。中国市場が抱える潜在的なパワーは計り知れません。

大いに注目したいところなのですが、ダイエット食品の問題や残留農薬や菓子の中に“とかげ”が入っていたとか、人工玉子を売っているとか健康や衛生上の問題、環境問題など数多くの問題点は抱えています。

又、コピー商品が多く出回るなどの問題も。

なんだかそんな信頼性のない企業が点在するこの国は大丈夫なのかと思ったりもします。政治リスクも不安材料の1つではあります。

しかし、そんな問題は実際中国以外の国でも可能性があったり過去にあったりするものです。こんなマイナスのイメージがあっても中国株を購入する投資家がいるということは、やはり今後の経済成長に明るい兆しがあるからなのです。

ただ、リスクのことは考えなければなりません。

中国市場に展開している企業は山ほどあります。そこで一つの企業に絞るのではなく、分散して投資するのが○。

リスクを最大限に押さえる役割も果たせることができるのです。